平成29年度の報恩講法要は11月4日(土)1時よりに勤めさせていただきます。

 

「九相図」公開

平成29年11月23日()10:00~16:00

今回の九相図公開では、~もっと知りたい!九相図の魅力~と題して公開鼎談を開催いたします。
甲南大学教授田中貴子先生・関西学院大学教授西山克先生・愛知教育大学教授鷹巣純先生にそれぞれの専門分野から九相図の魅力をたっぷりと語っていただきます。

 

 

7月19日の九相図公開・絵解きと講演「西岸寺と九相図」のご報告とお礼

19日(水)の九相図公開は沢山の方がお越し下さいました。

前回の九相図公開で鼎談して頂いた田中貴子先生、西山克先生、鷹巣純先生たちに来ていただきとても嬉しかったです。遠くは横浜や愛知県、三重県、大阪府などからもお越し下さいました。そして、地元、深草地域の方や檀信徒の皆様にも来ていただきました。お暑い中、本当にありがとうございました。

最初に住職の挨拶のあと、重誓偈のお勤めをしました。続いて、伊藤英夫氏の講演「西岸寺と九相図」。長年、京都SKY観光ガイド協会会員を務められただけあって楽しく分かりやすいお話で、あっという間に時間が経っていました。檀家さんの中で西岸寺の歴史的価値を高く評価してくださる方がいるということはとても嬉しいことです。

その後、坊守による絵解き。今回はプロジェクターを使いました。プロジェクターでの説明は、アンケートにも分かりやすかったと書いていただいて好評でした。

本来ならばこれで終わりなのですが、九相図の専門家田中貴子先生と美術史の専門家鷹巣純先生にお願いして急遽、対談をしていただけることになりました。西岸寺の九相図をそれぞれの専門分野から解説していただき、皆さんとても興味深く聞いておられました。突然の申し出を快くお受け頂きましてありがとうございました。

最後になりましたが、チラシ作りから当日の司会まで色々お世話になった河本俊子様、今回の九相図公開について貴重なアドバイスやご尽力をいただき、当日には奥様にもお手伝いをしていただきました宇佐美松鶴堂様、有難うございました。


 


ご挨拶

 西岸寺は京都・伏見・深草の地で約800年もの間、「阿弥陀仏の本願の力によれば、結婚して世俗の生活をしている人も修行をしている僧侶も同じように救われる」という法然上人の教えを親鸞聖人と共に実践するため結婚された玉日姫(たまひひめ)のご廟所をお守りしてきたお寺です。
近年は、深草地域唯一の浄土真宗本願寺派のお寺としてご本山や大谷本廟とのご縁を結ぶ「お手つぎ」寺院として皆様に寄り添って参りました。 これからも親鸞聖人と玉日姫の思いを受け継ぎ、辛い時や悲しい時、阿弥陀さまのお慈悲と出会いほっと一息ついていただけるようなお寺でありたいと願っています。



沿革

西岸寺は、もとは平安時代の藤原氏の氏寺、法性寺の小御堂でした。親鸞聖人は藤原氏一族(九条兼実)の娘、玉日姫(たまひひめ)と結婚しましたが承元の法難により越後に流され、玉日姫はこの小御堂で親鸞聖人の帰りを待ちながらお亡くなりになりました 玉日姫の随臣であった田村光隆(有阿弥)が玉日姫のお墓をお守りするため九条家よりこの小御堂を下賜され西岸寺の開基となりました。 本願寺が東西に分かれた時は東本願寺に属していましたが13世西順の時代に西本願寺に転派し今に至っています。



ご案内

近年は少子高齢化や核家族化が進み、今までのような法事や葬儀が難しくなってきて相談に来る方が多くなってきました。
皆様それぞれにご事情があり、どうすればよいかという答えは一つではありません。
お話をさせていただきながら一番良い方法を見つけていきませんか。
法事や葬式、お墓のことでお悩みの方は一度お話をお聞かせ下さい。
お参りの例・・・葬儀、月参り、年忌、月命日、お盆、お彼岸、お正月、報恩講のうちご家庭のご事情に合わせてお参りいたします。 自宅に仏壇がない、嫁がれたお子様が実家の父母の法事をされる、伏見から東京などに引っ越されて遠方にお住まいの方などは、本堂で法事を勤めさせていただきます。(お電話でご予約下さい)


納骨堂

4月の永代経法要・11月の報恩講法要の時に勤行(お経)が行われます。

各法要ではまず、本堂で「勤行」が務まり、続いて「ご法話」、その後納骨堂で「勤行」が務まります。お参りに来られた方は是非「ご法話」をご聴聞(仏様の話を聞かせて頂くこと)下さい。
その他、年忌法要や月命日・お盆・お彼岸のお勤めなど随時本堂で執り行わせていただきます。(要予約 遠方のお墓でお参りに行けないなどの理由で分骨されたり、後継ぎがいないのでお墓を引き上げて全納骨される方もおられます。 お花は枯れないよう気をつけております。ろうそく、お線香などは納骨堂にご用意していますのでご自由にお使いください。 商店街や銀行が近くにありますので、お買い物や銀行などに来た時に手ぶらで気軽に立ち寄っていただけます。


年間行事

永代経法要>
4月 第4日曜日

1、勤行 
2、ご法話
3、納骨堂にて勤行 
<報恩講法要>
11月 第1日曜日(今年度は第一土曜日です)
平成29年11月4日(土)1時より
ご法話講師 野世真隆先生
1、勤行
2、ご法話

3、納骨堂にて勤行



聞法会>
毎月10日
(1月は20日、8月と11月はお休み)
写経会>
毎月第1日曜日
(1月、8月、11月はお休み)
                     

その他行事

今年も深草100円商店街に参加しました! 平成28年11月23日(祝)10時~14時

門徒会の皆様の手作りの「匂い袋」、そのほか手作り品を販売しました。

門徒会の皆様が作った「匂い袋」

 

スタンプラリーで本堂を一般開放しました。沢山の方々とご縁を結ぶことができました。


九相図絵解きと九相図をめぐる公開鼎談  
平成26年3月15日

西岸寺の「九相図」  

江戸時代に西岸寺では、絵を見せながら仏教の教えを人々に分かりやすく説明する絵説きが行われていたようです。         「九相図」は人間の不浄について説いたもので、この世の執着を捨てて(厭離穢土)浄土に生まれたいと願うよう(欣求浄土)人々に説いたと思われます。絵説きは話を聞く人や時代によって変わるものです。このたびの「九相図」絵説きは田中貴子先生によって現代風にアレンジされました。  

田中貴子先生(甲南大学)による九相図絵解き
西山 克先生(関西学院大学教授 日本中世史)
鷹巣 純先生(愛知教育大学教授 美術史) 
田中貴子先生(甲南大学教授 日本中世文学)
による鼎談 


九相図修復記念 ご本山御用達宇佐美松鶴堂様による文化財修復過程の解説  
平成26年3月15日